不動産業の会社と宅建主任者

不動産業の会社と宅建主任者

不動産をするにあたって、求められる資格のひとつに宅建主任者というのがあります。この宅建主任者というのは、まず、資格としても有名ですが、宅建の試験を受けて合格する必要があります。

さらに、その合格に加えて、不動産の実務経験を積んでいる必要があります。この実務経験は、もし実務を行っていない場合には、定めれられた講習を受けることでも免除されますが、基本的には、不動産業の経験と同等の知識があることが前提になります。

こういった宅建主任者が、不動産の会社にとっては必要なのです。というのも、不動産業を営む会社は、一定の割合の人数で、宅建主任者をおかなければならないということになっているからです。こういったルールもあるため、宅建というのは重宝されるのだといえます。

不動産購入を決めた理由

先日、とある不動産の購入を決めたのですが不動産購入にいたるまではかなり大きな波がありました。普通のサラリーマンなのでお金が有り余っているわけではありません。長い年月をかけてローンを支払っていくわけですから当然色々なことを悩みました。

では、なぜいま不動産の購入を決めたかと言うと、やはり税金面と金利面の影響が大きかったです。いま不動産をかわなくても将来的に購入を検討しているので、となると税金や金利が上がる可能性があります。

税金が上がることはほぼ決まっていますし、金利がこれ以上下がることは考えにくいです。このような理由でおもいきって不動産を購入することになったのです。支払いは大変ですが、がんばっていきたいと思います。

 

不動産投資は必ず必要
不動産投資の初心者でも安心の
不動産投資相談センター
不労所得を目標に、資産1億円を目指します。

 

Calendar