競売不動産の入札について注意

競売不動産の入札について注意

競売不動産というものをご存知でしょうか。これは、財産の整理を行った人(自己破産で借金を清算した人)から裁判所がその所有していた不動産を買い取り、別の人に購入してもらってその代金を債権者に渡す、というシステムです。

この場合、不動産の価格は市価よりもかなり安目になります。しかし、注意すべき点はいくつかあります。これら競売不動産は、その物件などの占有者が使用を継続していた場合が多いため、その使用状況がかなり悪く、個人で不動産のリフォームを行わなくてはならない場合もあるのです。

また、競売不動産は瑕疵責任が認められていないので、不動産に瑕疵が存在した場合、取得した人がその負担で修繕するしか手段がないのです。

 

文系のひとも不動産業界へ

不動産業界ではたらきたいと思う人というのは、どちらかというと数字に強いというイメージがあります。また、不動産で働く、というと、営業的なイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、むしろ文系であったり、内向的であったりしても、不動産業界で活躍する場というのはたくさんあります。
その一番のかなめは契約です。賃貸でも売買でも、不動産には契約書がつきものです。これをきちんとつくること、そしてきちんとした不動産の契約を締結することは不可欠です。こういったものには、不動産の知識だけではなく、法務的な知識も必要になってきます。

こういった不動産の契約などの現場では、文系のひとも、活躍する場がたくさんあるといえます。

 

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。

■ 東京23区内
       
       
       
       
       
       

 

Calendar