巡回型の不動産の管理

巡回型の不動産の管理

不動産を選ぶときには、その不動産が普段どういった管理をされているかというのも、きちんと確認して決めたいものです。不動産の管理には、常駐の管理会社と、巡回の管理会社があります。そして最近、とくに都内などでは、巡回型の不動産管理というのが、増えて来ているようです。

こういった巡回型の不動産の管理だと、常に管理人の人がそのビルにいるというわけではなくなります。管理人さんは近くの管理センターなどにいて、そこからかけつけてくる形になります。もしくは、近くの別のビルを管理していて、そこからやってきます。

そのため、突然のこと、たとえば停電だったり漏水だったり、というのには、すぐには対応できない場合もありますので、そういった点も確認して不動産を決めたいものです。

 

不動産を購入する際に気を付けるべき点

賃貸は一時的な住まいのことが多いですが、不動産を購入する際は中長期的な住まいとして考えていることが多いもの。そうしたときに、賃貸と違った視点で不動産を探すことが重要です。

大変重要になってくるのが立地です。不動産を内覧させてもらったり、現地を見に行ったりして、日当たりや眺望を確認できたとしても安心してはいけません。中長期的視点で見れば、周りの環境は変化する可能性があるからです。

不動産の南側など、日当たりにかかわる場所にマンションなどが建ちそうな土地はありませんか?現在駐車場として使われている土地や、古くて広い一戸建てなどは要注意です。また、古いアパートなどもより階数のあるマンションに建て替えられる可能性があります。

不動産屋は、そのあたりの状況を把握しておくのも仕事のうちです。不安な点があったら、不動産屋にきちんと聞いておきましょう。

 

町田 不動産町田 ゴルフスクール

■ 東京都下
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar