競売不動産の入札システム

競売不動産の入札システム

競売不動産は、裁判所が不動産を売り渡すシステムです。この競売不動産の入手方法のうち、最も多く取られている方法は期間入札といわれる方法です。

この場合、入札期間が始まる2週間前までに、売却される不動産、入札期間、最低売却価格などが記載されています。そして購入を希望する人は、その不動産の調査を渡された書類に基づいて行います。

入札に参加する場合は、それを保証する必要があり、競売不動産の最低売却価格の2割程度の保証を裁判所に振り込む必要があります。

そして入札期間が終了したあと、あらかじめ公告されていた開札の期日に開札が行われ、最も高い入札価格をつけた人に対して資格審査が行われたあとで、その不動産を売却する決定がなされます。

 

不動産売買を後悔しないために

人生で経験する一番大きな買い物が不動産売買ではないでしょうか?

独身でマンションを買ったり、結婚して一戸建てを買ったり人生の中で、大事な局面に不動産売買の経験をする人も多いでしょう。そして大きなお金が動きます。

それだけになんの予備知識もなく不動産売買を行うと、満足いかない結果に後悔するかもしれません。

初めてマンションや一戸建てを購入するときにまず悩むのは、不動産会社選びです。ここですべてが決まるといっても過言ではないでしょう。

誰もが知っているような大手の不動産会社は、販売ルートがしっかりしていて、販売力があります。そして安心して任せられるなどの信頼があります。インターネットなどのサービスも力を入れているので、販売方法や方針が分かりやすいです。

一方、地域に密着している小さな不動産会社は、地元ならではの顧客を持っていたりとその土地に強かったりします。大手は顧客数も多いので、なかなか個人までゆきとどかない点ありますが、こちらでは親身になってくれたり、多少の融通なら聞いてくれるところも多いです。

初めての不動産売買は不安も多いものです。自分の納得のいく結果を出すためにも不動産会社をしっかり選んでください。

 

■ 東京都下

 

Calendar