不動産仲介業者の義務について

不動産仲介業者の義務について

不動産を売買する時には、売りたい人と買いたい人の間を仲介業者が取り持つ形になることが多く、一定の手数料をとって面倒な手続きを肩代わりするという形をとっています。

その際に、不動産仲介業者の有資格者には、説明義務が課せられており、その不動産取引の重要事項について必ず説明を行う義務が課せられているのです。

しかし、その内容は専門用語を使用した知識がなくてはなかなか理解できない部分が多いため、一般的には省かれてしまうことが多く、書面での伝達で済まされます。

不動産の取引には多額の金銭がからみますので、この点でトラブルがおきることも珍しくありません。

金額や条件についてしっかり記されているかどうか、不動産の記載内容に誤りが無いかどうかについて、契約書類の確認は怠らないようにしてください。

 

不動産は手ごろなほうが売りやすい

お手元の不動産を売却しようとなると、手持ちの不動産が急に不安に思えてくるものです。こんな不動産は買い手がつかないとか、買い手がついても安くなるはずとか、色々と不安が先立ちます。多くの方が考えるのが、もの凄く価値のある不動産ではないから売るのが難しいと言うことです。
確かに説得力のありそうな考え方ですが、もの凄く価値のある不動産を購入できる人なんて一握りですよね。実際はお手ごろのほうが売れやすい傾向にあります。

豪華と言うよりも、立地条件がよい、土地や建物に癖が少ない不動産、つまり使いやすくお手ごろな不動産がよく売れます。豪華でないと悲観していた方もこの条件であれば当てはまるかもしれませんね。ご自身が不動産を買うときのことをよく考えて想像すればわかるかもしれませんね。

 

■ 神奈川
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar