不動産賃貸のフリーレント

不動産賃貸のフリーレント

不動産賃貸のフリーレントというのは、賃料を免除する、フリーで貸し出す、という意味です。一般的にも、賃貸の広告などにこのフリーレントというのが記載されたりするようになって、広まってきている用語だと思います。

不動産オーナーは、テナントや入居者を集めるために、自分の不動産にフリーレントの期間をもうけます。フリーレントをすることで、1ヶ月だったり、3ヶ月の期間、賃料を免除するのです。そうすることで、テナントとしては、入居して最初の時期には、賃料を払わずに住むことになります。そうすると、賃料は高めだとしても、年間を通してみれば賃料をおさえることができるのです。テナントにしてみると、このフリーレントというのは、とてもありがたいものだといえます。

 

マンションの不動産投資について

バブル時代には、不動産投資というのが当たり前のように行われていました。当時の不動産投資はマンション投資が主流なものであり、地価の高騰によるものでした。地価が下落に転じ始めると、物件の価格もそれにつれて下落しました。

近年では地価が落ち着きはじめたことから、マンションを中心に、再び不動産投資が活気が出てきているようです。ただ、リスクはあります。

定期預金などは元本が保証されていますが、不動産投資は常に価格が変動しているので、元本以上の損失を出してしまう可能性はあります。

また、不動産投資の中でもマンション投資は入居者の存在があってはじめて成立します。投資を考える際は、不動産に人が入ってきてくれるかを計算して行う必要があります。

 

■ 神奈川

 

Calendar