不動産の売買契約のチェックポイント

不動産の売買契約のチェックポイント

不動産を売却したいと思っていましたが、不動産を売却する場合には、売買契約書を作成して取り交わすということでした。

しかしながら、不動産を売却するのは、初めてであったので、不動産の売買契約では、どのようなことをチェックすればよいのか調べてみました。

その結果、宅地建物取引業法では、不動産の売買契約を行なう場合には、不動産会社に対して、契約が成立した時点で、契約内容を記載した書面を交付することを義務づけているということでした。

また、売買契約書で確認すべき主なポイントは、売買物件の表示、売買代金、手付金等の額、支払日、所有権の移転と引き渡し時期、土地の実測及び土地代金の精算などの確認ということでした。

また、疑問点があれば、完全理解して納得できるまで不動産会社に確認することが必要ということでした。

定期借地借家契約のメリット

あらかじめ、不動産を貸す期限を決めて貸すことのできる不動産契約というのがあります。不動産用語でいうと、定期借地借家契約というものです。これは、不動産を賃貸する期間の期限が、不動産契約を開始する時点で決まってしまっている契約のことを意味するものです。こういった定期借地借家契約が不動産オーナーにとってはメリットとなる場合もあります。

たとえば、数年後には立て替えをしたい、とあらかじめ決まっている場合などです。普通の賃貸借契約だと、その工事をしたい時期にテナントがいたとしたら、退去してくれるようにお願いをしなければなりません。テナントに権利があるからです。しかし、定期借地借家契約であれば、その期日には、きちんと退去してもらえるということになり、安心なのです。

■ 横浜、川崎
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar