葬儀で頭を悩ませること

葬儀で頭を悩ませること

葬儀で頭を悩ませることはいくつかあります。 一つは精神的、身体的なストレスです。 身内が亡くなってショックを受けている状態で、かつ忙しさと気遣いから、葬儀中は様々なストレスに見舞われます。 悲しくても、ゆっくり落ち込んでいる時間もとることができません。 もう一つは葬儀を行う業者とのトラブルです。 中には心無い言葉をかけてくる信じられない葬儀屋も存在します。 段取りがうまくいかなかったり、想定外の費用を請求されたりする場合もあります。 最後に、親戚との折り合いです。 特に宗教上のトラブルがあった場合には、本当に葬儀どころではなくなるケースもあります。 葬儀で疲れている時に親戚から心無い攻撃にあい、修復不可能なほどに関係が悪化する場合もあります。

 

リーズナブルな葬儀会社を選ぶということ

 大切な故人をお送りするのだから、立派な葬儀を催したいとお考えの方も多いと思います。 ですが、冠婚葬祭は見積もりを重ねれば重ねる程、どんどんと価格は跳ね上がってきます。 金額が大きくなれば当然、消費税の額も大きなものに。 また葬儀の際は結婚式などとは違い、人数を把握することができません。 予想した人数よりも多くの方が集まってくださり、その分ご用意するものも多くなります。 リーズナブルな葬儀社を選ぶと、故人に申し訳なく思う方もいるかもしれません。 ですが、心身ともにあわただしく時間に追われる葬儀にて、冷静な判断をすることは難しいものです。 後になって「余計なプランを選んでしまった」など後悔することも。 昔から地元に根付いた、信頼度の高い葬儀社にて低予算の葬儀を行うことは決して恥ずかしいことではありません。 葬儀は形ではなく、気持ちで表す儀式です。

Calendar